転職活動では面接時の志望動機が重要なポイント

転職活動において面接試験は必ず行われるものですが、その中で最も聞かれる可能性が高いのは志望動機です。面接官が面接試験で最も重要視しているのは、応募した人がどのくらい働きたいと思っているのかという意識の高さです。もちろん、求人を見て応募をした人は皆一様に働く意思を有しているはずですが、それでも、モチベーションがより高い人を探したいと考えます。面接官の視点から見れば、自分のことについて語ることも興味深いですが、志望動機についても関心を持つものです。もっとも、本当のことを言うと、前の会社の人間関係に疲れたとか、働き口が見つかれば何でもよかったという人も少なくありません。真実かもしれませんが、本当のことを言ったから正直者ということはなく、面接ではいい顔はされないものです。面接時に志望動機を言う時に大事なのは、マイナス面ばかりではなくプラス面を主とした内容にすることです。前の会社の労働条件が悪かったことではなく、もっと責任のある仕事がしたいなど、新しい会社に入社してからの事を話すと良いでしょう。自己アピールをうまく盛り込むためには、どうしてこの会社で働きたいかを、具体例を挙げて話すことです。採用担当者に自分のことをわかってもらうためには、働きたい、頑張りたいという通り一辺倒な言葉を使うのではなく、何を、どんな風に頑張りたいのかを話す必要があります。給料や、勤務地などを志望動機として話すと、はっきりとしたいい方をすると印象が逆に悪くなる恐れがありますので、言い方を考える必要があります。面接を成功させるためには、全くの絵空事を語るのではなく、事実を意図的に耳障りのいい言葉にすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です